転職エージェントと面談してみて

すばるいぬです。
 
 
 
仮想通貨ちゃんの機嫌が悪くて
 
1月から年収分の含み益が
 
消えたけど平気で~す!
 
 
 
うそで~す!
 
 
 
前回のブログ更新から3週間ほど空きましたが、
 
その間転職活動について少しだけ行動しました。
 
それに関する思ったことを。
 
 
 
 

 

 

はじめに

 
 
まず転職エージェントの方と2社会ってきました。
 
(超大手のR社と中堅のW社。どっちも有名だと思う)
 
M社は何となく使ってないだけで
 
これから利用する可能性は大いにあります。
 
 
それで来週の水曜日には実際に企業の
 
説明会(面接ではない)に参加することに。
 
教育関係です。今の仕事とは全く関係ないですが
 
第二新卒のキャリアなんてねえ…、と
 
自分が面接官なら思うのでモーマンタイ。
 
 
 
転職希望時期は今のところ
 
6月~8月だと思ってて、
 
R社の方からは3月以降の方が
 
活動良いですよと言われた。
 
でもW社の方からは今から面接でも
 
全然大丈夫ですよと。
 
 
 
え、なんでその時点で意見違うの?
 
 
 
個人的に納得したのはR社の方だったので
 
W社の方に理由を電話で聞いてみた。
 
そうしたら、「11月内定で4月入社の人もいるので」とのこと。
 
 
 
それ新卒採用の流れに
 
第二新卒が合流しただけじゃないの?
 
通常の転職で2-3か月も待つメリットが
 
向こうの会社にあるとは思えない。
 
 
それで思い返してみるとR社とW社で
 
色々差があることに気付いたので
 
簡単にまとめてみました。
 
 

 

 
 

転職エージェントの感想

比較
R社
W社
面接時間
45分・1回
60分・1回
雰囲気
凄く丁寧
親身
分析・提言
豊富
あまりなし
求人紹介
ネットでゆっくり追加予定
とりあえず2社、
ネットで追加有
感想
★★★★☆(良い)
★★★☆☆(普通)
 
 
 

面接時間

 
当初は時間と回数に驚きました。
 
 
だって自分の転職エージェントのイメージが
 
エンゼルバンクだったから…(; ・`д・´)
 
 
あれ?複数回行うんじゃないの?
 
こんなあっさりしてんのって。
 
しかもR社45分マジでー。
 
何話せばいいのーって感じでした。
 
 
とりあえず面接しました。
 
 
 

雰囲気

 
●R社
 
何ていうかおもてなし感が凄かったです。
 
こっちが出された水飲むの躊躇してたら
 
さりげなくすすめてくるし、
 
帰り際エレベータに向かうまでに
 
自分の良かった点をいくつか教えてくれました。
 
「とにかく求人紹介しなきゃ」という感じはなく、
 
エージェントサービスのまたのご利用
 
お待ちしておりますという感じ。
 
 
 
●W社
 
ブースの数が少なく人の声もあまりしないので
 
気兼ねなく話しやすいなと思いました。
 
面接官の人も熱意はある感じ。
 
でも資料を探すのに1分越えの途中離席が
 
3回ぐらいあったのが気になったかなー。
 
 
 
 

分析・提言

 
●R社
 
ここは自分の志望である
 
講師関係の求人(年初最低年収300万円)に
 
拘っていては求人は殆ど無く
 
営業・人材関係の求人も
 
検討することを提言してきた。
 
これは自分でもそう思っていたし、
 
大学時代は殆ど業界分析しないまま
 
就職出来てしまったので、
 
色々な求人を見られるのは
 
非常に有難いと思いました。
 
 
 
●W社
 
提言や指摘は目新しいものはなく
 
何となくこっちの言った条件に合う求人を
 
自動的に紹介してる感じに。
 
 
 
 
 

求人紹介

 
●R社
 
3月から本格活動とは伝えているので
 
求人紹介はまだ殆どない状態だけど、
 
最低限の条件は逐一メモしてもらって
 
擦り合わせ出来たのは良かったです。
 
これから楽しみです。
 
 
 
●W社
 
希望職種である講師業で
 
求人をさっそく1件見せてもらった。
 
それは自分も良いなと思っているところで、
 
「興味ありますね」といったら
 
説明会の予約をすぐ入れてもらえました。
 
面接ではないので、本当に参加するだけという
 
感じではあるがとりあえず
 
活動してみようという軽さは好き。
 
帰り際に教室長候補で条件が酷い
 
求人も見せてもらい、相場感を伝えてきました。
 
 
 
ただそのうえで初めに紹介してきた
 
求人の良さをさらにプッシュ。
 
 
 
「ドア・イン・ザ・フェイス」が露骨です…。
 
 
求人紹介したいのは分かるんだけど…。
 
 
 
 
 
 

感想

 
●R社
 
45分とは思えないぐらいには
 
詰められた面談だったと思います。
 
こっちが言った内容を踏まえ
 
軌道修正しようという感じが強く
 
いまいち転職の軸が定まっていない
 
自分としては心強かったです。
 
 
 
●W社
 
求人紹介のフットワークが軽いのが
 
良いかなと思いました。
 
自分のやりたい仕事とかが明確に
 
決まっている場合は良いですが、
 
自分みたいにとりあえず相談したいな
 
という方には少し合わない感じです。
 
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
以上です。(2018年2月10日時点)
 
 
これとは別に転職については
 
根本的な不安とか悩みとかあるのですが
 
それは別の記事で。
 
 

 

転職に向いている人 転職してはいけない人

転職に向いている人 転職してはいけない人