【家計簿】無駄遣いの穴埋めを家計簿から分析・対策するの巻【Moneyforward】

昨日は飲み会!すばるいぬです!

昨日は退職祝い(※2018年6月末で公務員を退職)で
深夜遅くまで飲んでいたすばるいぬ。

終電を逃してしまいました。

終電を逃したサラリーマンのイラスト

皆さんならどんな選択肢が上がるでしょう?
例えば、

①徒歩で家まで
②カラオケ・漫画喫茶で時間潰す
③タクシーで家まで

近くなら①、遠くなら②が経済的ですね。

でも私は酔ってたので③一択です~~!!!
6980円かかりました~~~!!!

…この問題を分析・対策するべく
今回活用したいのは
家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」

(家計簿ならなんでも良い)

スポンサーリンク


やってしまった無駄遣いを後悔しない

まず無駄遣いをした時に必要なのは
くよくよ落ち込まない事。

大体の消費は返金出来ないし
かといって悩んでても対策は取れないので、
「使ってしまったものは仕方ない」
「とりあえず家計の応急処置をしよう」
ぐらいのスタンスで家計簿を見ましょう。

なんで家計簿使うの?

分析と対策の取りやすさが段違いだからです。

だって10日前に何食べたとか
どこで何円使ったとか覚えてますか?

無駄遣いの穴埋めだって
何もないところからは節約出来ません。

余ってるところから削る!
削れないところは削らない!

という作業をする中で家計簿は
最強のツールなんですね★

下の記事でも「家計簿まずつけろ!」って書いてるから良かったら見て~∩(´;ヮ;`)∩
www.shimokita-alone.com

まずは今月・先月・前年の家計簿チェック

とりあえずMoneyforwrdの画面を開いて
先月・今月・前年同期の家計簿チェック。
※前年同期を含めるのは
季節的な支出変動が無いかのチェックのため。
余裕があるなら1年分ぐらい比較しましょう。

2018年6月家計簿2018年5月家計簿2017年6月家計簿

左:2018/6 中央:2018/5 右:2017/6

私がこれを比較したときに
どういうポイントで見てるか書きます。

支出の多い項目上位に注目

2018年6月はまだ家賃払ってないけど、
【住宅】【食費】【趣味】【交際費】
【衣服】【日用品】
の6項目が
1万円を超える支出を算出している模様。

逆に言えばこれ以外は3期間ともに
支出が抑えられているので、
あまり切り詰める余地が少ない、
大きな家計改善が見込めない項目です。
また【住宅】も賃貸なら
引っ越しor家賃交渉しかないのでパス。
つまり注意するのは、
【食費】【趣味】【交際費】【衣服】【日用品】の5項目

めちゃくちゃ家計を切り詰める人なら
この上限を1万円でなく5000円まで下げて
その項目すべてを洗い出す必要がありますが、
私は割と食費とか趣味に余裕があるので
その点に着目したいと思います。

あれもこれも節約!穴埋め!←ヤバイ

じゃあ例えば食費に着目しましょう。
私は月食費を3万円を目安にしています。

今回私は6980円無駄遣いしました。
2018年6月23日時点で食費は20246円です。

平均ペース850円/日ペースだけど、
食費を1日300円に抑えれば
合計2万3000円の支出で済むから
イケるのでは…
と考えることも出来ますね(^O^)-★

マジで危険だからやめようね!!

それこそ狂気だよ…
本多清六の世界に入りかけだよ…

私の財産告白

私の財産告白

※1代で数十億もの資産を築いた人物。
異常なレベルの貯蓄を実行し
月末は胡麻塩を舐める日々を送っていた。

無駄遣いの穴埋めは「元気玉」を想像してほしい

じゃあ何から節約したら良いのさ…となるけど
ここで想像してほしいのは
ドラゴンボール元気玉

人間、動物、草、木など周囲のあらゆる生物からの元気と呼ばれる微量なエネルギーだけでなく、太陽、大気、物のエネルギーにいたるまで、あらゆるエネルギーを集め攻撃エネルギーに変えて放つエネルギー弾。

イメージ図は下図の通り。
元気玉のイメージ図

みんなから少しずつ少しずつエネルギーをもらい
それを1点集中すれば良い。
これは家計にも同じことが言えて
「色々な支出をちょっとずつ抑える」
点が肝要だと思っています。

つまり、

×:「食費」を7000円抑える
○:「食費」2000円「趣味」3000円「日用品」2000円抑える

みたいなバランスが重要。

という事で私の場合これから
それだけを削れば元通りなわけで…

…そういえば穴埋めの必要があるかどうかは
触れなかったけど、今月の自分の収支
どうなるんだっけ?

そもそも家計がスリムなら穴埋め不要?

ここまで書いといてなんですが、
実は私の場合、穴埋めしなくても
今月の貯蓄目標は簡単に達成できるのです。

何故なら、
【私の月貯蓄目標】:5万円
【現時点での収支合計】:
住宅と無駄遣いタクシー代除いて+9.7万円
【残り7日間の平均支出】
食費:9000円(1000円/日)
趣味:2000円
交際費:3000円
日用品:3000円
交通費:1000円
雑費:2000円
最終予想収支:+7.7万円

あれ…無駄遣いしてるけど
目標貯蓄大分上回ってる…?

計画&衝動買い排除で家計は安全

もちろん、上記の予定額から
さっき挙げた額を引けば、
タクシー代も浮いて良いのですが
そもそも支出計画を予め立てておいて
それを意識して下回るように
支出を続けていけば、
意識せず穴埋め分ぐらいのお金は
先に貯まっているという事ですね。

自分も記事にするまで意識してませんでしたが、
改めて家計簿で支出を意識する事の重要さと
大切さを学んだような気がします…。

しかし残り7日と言っても油断禁物。
ここから怖いのは
「衝動買い」の存在です。

この点は

・5000円以上の買い物は1日置く
・支出する場合は今回の手法+
月を跨いだ穴埋めを計画に加える

という考えのもとで回避したいところです。

まとめ

①まずは家計簿で主要支出項目を確認
②穴埋めは色々な経費から少しずつ取る
③急な無駄遣いに対応できる支出プランも重要

お読みくださり有難うございました

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク